生存戦略模索blog

うつ病、発達障害から退職した元公務員が人生の再構築を模索するブログ

意外と面白い国税専門官のお仕事

本当にドラマのような世界を体験できる

 こんばんは、umashikaです。

 本日は私が3年という短い期間ながらも、国税専門官として経験した中で、面白かった仕事や出来事を紹介しようと思います。もっとも、守秘義務に反しない範囲の一般的な話までですので、あしからず。 

国税専門官とは何者か

https://www.nta.go.jp/soshiki/saiyo/saiyo02/images/boshu.gif

 

  国税専門官こくぜいせんもんかん)とは、税務署国税局及び国税庁において、税務行政を執行する国家公務員のうち、大学卒業程度採用(国家II種相当)に当たる職員を指す。

国税専門官 - Wikipedia 

  まぁ、簡単に言ったら税務署で働く人です。その後、優秀な者やヤル気のある者は国税局や、国税庁財務省金融庁に異動になることもあります。

 ただ単に大卒程度試験で採用された者を、国税専門官と呼び、高卒程度の試験で採用された者も同じ仕事をしますし、割と公務員の中では高卒職員も昇進等で大卒とあまり差がないと言われています。

 

 私は、大学卒業後、新卒で国税専門官になりました。以前の記事で消去法で公務員になったと書きましたが、合格した試験のうち、最も面白そうなものを選んだら、国税専門官になりました。

 

seizons.hatenadiary.jp

 

 国税職員は職名で分けると、大きく3つに分けられます。

  1. 国税調査官:納税義務者である個人や会社等を訪れて、適正な申告が行われているかどうかの調査・検査を行うとともに、申告に関する指導などを行う。
  2. 国税徴収官:定められた納期限までに納付されない税金の督促や滞納処分を行うとともに、納税に関する指導などを行う。
  3. 国税査察官:裁判所から許可を得て、悪質な脱税者に対して捜索・差押等の強制調査を行い、刑事罰を求めるため告発する。

 

 その職務内容から、ドラマや映画などで題材として扱われることも多いのが、上記3の、国税査察官、いわゆるマルサというやつです。伊丹十三監督の『マルサの女』や、NHKで放送された江口洋介演じる査察官と脱税コンサルの攻防を描く『チェイス国税査察官~』が有名です。また、最近では国税徴収官を題材とした、井上真央が主演を務めたドラマ『トッカン』があります。

 

 調査官が行う税務調査が法律上、任意調査であるのに対し、査察官が行うのは、国税犯則取締法に基づく強制調査であり、捜索や差押えなどその権限が大きく、それゆえ最も恐れられています。査察官は税務署にはおらず、もっぱら各国税局の査察部に所属しています。

 

私は法人課税部門で調査の仕事をしていた

 大卒職員の1年目は、皆、管理運営部門という総合窓口的な部門に配属されます。市役所の住民票等を発行する部署と考えていただければよいでしょう。

 ここで、確定申告をする納税者から申告書を収受したり、はたまた納税証明書を発行したり、督促状を発行して送付したり、そのような事務を行っています。ここで、社会人1年目としての、また、税務職員として最も基本部分である納税者対応を学びます。

 時には、様々な相談をしに来た納税者に対し、個別に対応をすることもあり、最初に1人で税務相談を担当した日には相当緊張したものでした。

 

 そして2年目からは、同じ税務署内にある個人課税部門、法人課税部門、資産課税部門又は徴収部門に配属されます。税務署や国税局への異動はあるものの、基本的に自分の担当は定年まで変わらないので、個人、法人、資産、徴収は”背番号”と呼ばれたりもします。

 個人課税部門は、主に自営業者等に対して所得税や消費税の調査・課税を、法人課税部門は主に株式会社やその他の法人(時には宗教法人も!)に対する法人税や消費税、源泉所得税の調査・課税を、資産課税部門は主に相続や贈与が生じた場合の調査・課税を行います。そして、徴収部門は、それぞれの課税部門で決定された税額を徴収する仕事を担当します。主に滞納者への取り立てですね。

 

 私は、2年目からは法人課税部門配属となったので、主に会社への調査を担当しました。最初は統括(課長みたいなもの)や上席(係長みたいなもの)と一緒に、納税者のもとに行き、何件かしたら一人で向かわされましたw 最も、会社には必ず税理士がついていますので、入ったばかりのぺーぺー職員はナメラれるのですが、勿論、私もそのような洗礼を受けましたw

 

 しかしながら、ぺーぺーのうちから企業の経営者とやり取りが出来るのは大きな醍醐味でもあります。もちろん、招かれざる客な訳ですから、邪険に扱われる時は酷い扱いも受けましたがw

 

国税職員の面白い仕事を紹介する

 前置きが長くなってしまいましたが、ここから私の短い国税職員としての経験から、面白かった仕事や出来事を紹介しようと思います。

 

 ①風俗店を多数経営する会社への大規模な無予告調査

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c9/Modern_Yoshiwara_Tokyo.jpg

 

 国税の任意調査は、原則として調査対象者に対し、予め日時をお知らせして、必要があれば日程調整等を行ってから実施します。ただし、国税通則法第74条の10(事前通知を要しない場合)に該当する場合は、事前予告なしにして、いわゆる無予告調査を実施することがあります。警察のガサ入れみたいなイメージです。

参考:国税通則法

 私が勤務する税務署の管轄地域に、その地域最大の歓楽街がありました。そして、何店舗もソープランドを経営する会社があって、そこが調査の対象となりました。

 私たち若い職員は、内偵調査要員として組織され、その会社が経営する各店舗に送り込まれました。ちなみに、内偵調査とは、探偵が客を装ってウラをとる仕事のイメージです。一斉に無予告調査を行うその前に、実際の店舗内はどのような造りになっているか、1フロアに何部屋くらいあるのか、また、1回のプレイでタオルは何枚くらい使うのか、などなど、内部の造りに関することから、タオルの枚数などお店側の経費の参考になりそうなものを目視し、暗記するととに、女の子に対しては、「お姉さんは、週に何日くらい勤務すんの?」とか、「指名されたらバックどれくらいなの?」とか、怪しまれない範囲で、嬢の給料面などに関する情報を聴き出します。あまりやり過ぎると、疑われるので、あくまで自然な範囲に留めておかなければなりませんw

 これをすることにより、本調査当日にお店の人に出してもらう帳簿や、出退勤票などと突き合わせて、矛盾点がないかなどを探ったりします。

 

 これは職務命令として行くわけであって、中には妻子持ちの職員や彼女持ちの職員もいます。私は当時フリーでしたから、何の後ろめたさもなく自然に大学院生という設定で通しましたが、彼女を純粋に愛するピュアな先輩が、しきりに「彼女にバレたらどうすんねん!」焦っていたことを覚えていますw

 

 ②パチンコ店経営会社の内偵調査

 

http://howcollect.cdn-donuts.jp/files/20110911104727-854-104_thumbnail.jpg

 また内偵調査ネタですみませんw

 これも大規模案件でした。と、いうのも国税局のある課と合同の調査でした(税務署では、調査規模や範囲によっては、国税局や他の税務署と合同で調査を行うことがある)。

 本調査当日は店舗とは離れた本社にのみ臨場したのですが、この案件も事前の内定調査に駆り出されました。これも実際のホールでどれだけの台数があって、とか内部構造を把握したり時間帯の客入りをチェックしたり、そういうものです。

 そして、一人2万円の予算を貰って、一般の客を装って打ちます。プライベートでは一切パチンコをやらない私は、先輩や他の客がやっているのを見様見真似で初パチンコに挑戦したのですが、よりによって、こういう時に限って大当たりが出てしまい、超キョドってしまいましたw

 私だけ結局大当たりとなり、時間も十分過ぎたにも係わらず玉がなくならないので、このままだと閉店まで打ち続けなければならない情勢だったので、仕方なく換金し、お返ししましたw

 

 ③調査先の会社の社長が入院した

http://www.disease-understanding.com/wp-content/uploads/2016/05/432.jpg

 

 これは割とよくあるのですが、税務署からの調査の予告があると社長が入院するパターンですw よく、やましいことがある政治家などが使うのと同じ手法ですね。

 最初は、担当の税理士から、「日程を変更してほしい」旨の連絡を受けて日程の変更に応じたのですが、調査前日になって「社長が病気で入院しています。」と診断書もあるとのことで、結局伸ばし伸ばしにされ、調査が実施出来なかったことがありました。

 

 ④芸能人が申告に来た

http://blog-imgs-48.fc2.com/k/u/r/kuri34/556751db.jpeg

(※画像はイメージであり、写真の人物が来署したわけではありません。)

 私がいた税務署はさして東京の中心にあったわけではないですが、それでも一応、大きな都市にあったので、芸能人も住んでいたようです。私が1年目に、窓口を担当した日に私も知っているとあるバンドのボーカルの方が来署されました。やけにオーラがある人だな、と思って何となく申告書を見たら、名前で気がつきました。

 オリコンで10位に入ったこともあるくらいのメジャーバンドではありますが、最近はあまり上位にランクインしていないようです。まぁ、ライブ等で強固なファンがいそうなジャンルではありますが。この方は驚いたことにお一人で来られていました。

 

 他にも某有名グループに属する若い女性の方が、スタッフらしき人と共に来署されていました。その時は気付かなかったのですが、職業欄に「歌手」と記載があったので、調べてみると某有名グループの方でした(その方自身はあまり有名ではないのかもしれません)。私はアイドルに疎いのでピンときませんでした。

 

 と、まぁ芸能人が来ることもあるのですが、税務署によっては芸能人が多く住んでいる地域があります。皆様もよくイメージ出来るとは思いますが。私がまだ在籍していた時、そういう地域を管轄している税務署に勤めていた職員が、家に超有名女優の申告書を持ち帰ったり、芸能人の個人情報(申告書には住所や電話番号などの記載がある)を窃取したりして、刑事事件になったことがありましたw

 

 笑いごとではないのですが、税務署は本当に金になる情報の宝庫です。それこそ国税に導入されているシステムで検索をすれば、個人や法人の知りたい情報が一発で分かります(もっとも、当たり前ですが職務意外に情報を検索することは禁止されており、もし職務と無関係に芸能人等を検索したとしても、誰が、いつ、どのパソコンでその情報にアクセスしたのか、全て記録されているので、物理的に出来たとしても良識ある通常の職員はそのようなことはしません。)。

 

 しかし、絶対バレるのに何故実行する職員がいるのかは、本当に謎です。

 

 ⑤調査対象者の銀行口座の取引の中身が丸裸に

 ある調査の対象人物が保有する銀行口座の取引履歴を完全に洗い出すため、銀行に対して開示させる権限があります。これにより、申告書上に記載のある取引先以外に、隠している取引先がないか等をチェックし、売上除外等に繋がる手がかりを探します。

 ぺーぺーが銀行に赴いても、身分証を提示させるだけで、銀行は副支店長クラスが対応します。人の銀行口座の中の金の流れなどこのような仕事をやっていなければ、なかなか見ることもないので、貴重な経験をさせていただきました。

 

まとめ

  • 国税専門官は公務員にしてはダイナミックでドラマティックな仕事が出来る
  • 探偵のような仕事をしたい人は是非
  • 金になる情報の宝庫だが、悪用は厳禁(犯罪であり刑事罰に処されます)

 

 次回、国税関連の記事は、国税職員のメリットデメリットにつき書いてみたいと思います。最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

広告を非表示にする